会社概要

商号 ロジテックINAソリューションズ株式会社

設立 平成22年10月1日

資本金 1億円

代表者 代表取締役社長 葉田 順治

大株主及び持株比率 ロジテック株式会社 100%

従業員数 65名 (平成24年4月1日現在)

事業内容 コンピュータ、周辺機器装置、情報通信関連製品、オプトエレクトロニクス関連製品の研究開発、製造販売

エレコムグループ(関連会社)

エレコム株式会社
(東証一部:証券コード6750)
http://www.elecom.co.jp/

ロジテックINAソリューションズ株式会社 http://www.logitec-inas.co.jp/

ロジテック株式会社 http://www.logitec.co.jp/
ハギワラソリューションズ株式会社 http://www.hagisol.co.jp/
日本データシステム株式会社 http://www.jds.co.jp//


 
   
  ロジテックINAソリューションズ株式会社
〒396-0111
長野県伊那市美篶8268番地1000
【アクセス方法】
電車:飯田線「伊那市駅」または、「伊那北駅」
 下車(下車後はタクシーをご利用ください)
中央高速バス: 停留所「伊那市」下車
 (下車後はタクシーをご利用ください)
車: 中央自動車道 伊那インターより車で
 約20分(以下の地図を参考にご来社ください)
 
 

ロジテックINAソリューションズ株式会社
東京支所
〒102-0081
東京都千代田区四番町6番地 東急番町ビル11階
【アクセス方法】
電車:JR中央線総武線、東京メトロ有楽町線、都営新宿線 「市ケ谷駅」徒歩3分

  
 

ロジテックの沿革

1982 会社設立[昭和57年6月11日]
関東電子グループの商品開発研究所としてロジテック誕生、光カード、ゲームソフト、FDDやHDD等のPC周辺機器を開発

伊那工場完成[12月]
1985 資材センター完成[3月]
1989 画期的なF1チップ搭載高速SCSI-I/Fを開発し、ストレージデバイスへの高速転送が可能になりシェアを拡大。HDD製品急成長。
1989 丸紅グループの一員となる[4月]
1990 伊那工場・資材センター増築[12月]
1993 外付け3.5インチMOドライブ製品出荷開始[4月]
CD-ROMドライブ製品出荷開始[11月]
【業界動向】
マイクロソフトWindows3.1出荷開始[5月]
この頃から店頭でのビジネスが本格化し周辺機器のロジテックとして広く認知される
1995 【業界動向】
マイクロソフトWindows95出荷開始
CD-R/RW、MO市場拡大
1998 【業界動向】
マイクロソフトWindows98出荷開始
アップルiMac発売
1999 ロジテックがSCSI-USB変換によりiMacのUSBI/Fに接続できるMOドライブをいち早く製品化
PCプロダクト事業強化のため伊那第二工場建設[9月]
2001 ISO14001の認証を取得[9月]
2004 エレコム株式会社による当社株式取得によりエレコムグループの一員に。PC周辺からデジタル機器全体へ事業を拡大[12月]
2005 AV関連製品ブランド「Dialive」を発表
2006 USBワンセグTVレシーバーを業界初で発表・発売
2007 データ復旧技術センターを設置。過去よりの経験を生かし、
消失データの救出をビジネスとして開始[6月]
2008 東京本社が千代田区一ツ橋に移転[8月]
データ復旧技術センターがISMSの認証を取得[9月]
Walkman公式周辺機器「Designed for Walkman」業界初対応商品を発表
2010 ロジテックINAソリューションズ株式会社設立 [10月]
カスタムPC、ストレージ製品、データ復旧サービス及び保守・修理サービスの事業は、エンドユーザーの皆様との直接的かつ長期的な信頼関係の構築が、収益性の向上と今後の事業拡大の重要な要素となっており、更に専門性を高め機動力を強化することを目的として「ロジテックINAソリューションズ株式会社」を設立。

古物営業法に基づく表示

氏名又は名称 ロジテックINAソリューションズ株式会社
交付公安委員会 長野県公安委員会
許可証番号 第481231600025号

ロジテックは3つの無料でもお客様に選ばれています!

NAS/RAID製品/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜)/1媒体」がかかります。

パソコン/外付けHD/メモリ/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜/1媒体」がかかります。

全ての媒体がデータ復旧できない場合/復旧費用「無料」

※復旧不可能な場合、調査費用及びデータ復旧費用はかかりません。復旧に成功した場合のみ費用をお支払いただく成功報酬型のサービスです。


ロジテック株式会社 データ復旧技術センター 【媒体送付先】〒396-0111 長野県伊那市美篶8268番地1000 ロジテック7番窓口 データ復旧もやっぱりロジテック TEL: 0800-888-6409  通話/相談無料 受付9:00〜24:00 FAX:0265-74-1402
Warning! 障害の起きた機器は通電しないで下さい!データ破損が進行して復旧できなくなります。お問い合わせ 安心の無料調査を依頼する

データ復旧技術センターの「会社概要」をご覧の皆様へ:

データ復旧のデータ復旧技術センターは、パソコンやHDD/ハードディスクなどの周辺機器メーカーロジテック直営 のデータの復旧サービス・データの消去サービスの専門施設です。 ISMS(情報セキュリティ国際規格)を取得しているので、データの取り扱いには高い意識と管理体制で運用されています。 HDD/ハードディスクなどか ら消えたデータを元通り復旧することができます。データの復旧ができなかった場合はデータ復旧作業にかかる費用は頂きません。まずはHDD/ハードディスクの中の大切なデータがなくなった!などのお問合せをいただければ、1982年創業以来の経験と実績をもって最善のデータ復旧を実現させていただきます。

スマートフォン表示に切り替え