会社概要

商号 ロジテックINAソリューションズ株式会社
設立 平成22年10月1日
資本金 1億円
代表取締役社長 梶浦 幸二
大株主及び持株比率 ロジテック株式会社 100%
従業員数 118名 (平成29年4月1日現在)
事業内容 コンピュータ、周辺機器装置、情報通信関連製品、オプトエレクトロニクス関連製品の研究開発、製造販売
長野:本社

ロジテックINAソリューションズ株式会社

〒396-0111
長野県伊那市美篶8268番地1000

アクセス方法
電車 飯田線「伊那市駅」または、「伊那北駅」下車(下車後はタクシーをご利用ください)
中央高速バス 停留所「伊那市」下車(下車後はタクシーをご利用ください)
中央自動車道 伊那インターより車で約20分(以下の地図を参考にご来社ください)
東京

ロジテックINAソリューションズ株式会社 東京営業所

〒102-0073
東京都千代田区九段北四丁目1番28号 九段ファーストプレイス

アクセス方法
JR・総武線 「市ヶ谷駅」徒歩5分
都営・新宿線 「市ヶ谷駅」徒歩3分
東京メトロ・有楽町線 「市ヶ谷駅」徒歩5分

ロジッテクの沿革

1982 会社設立[昭和57年6月11日]
関東電子グループの商品開発研究所としてロジテック誕生、光カード、ゲームソフト、FDDやHDD等のPC周辺機器を開発
 
伊那工場完成[12月]
1985 資材センター完成[3月]
1989 画期的なF1チップ搭載高速SCSI-I/Fを開発し、ストレージデバイスへの高速転送が可能になりシェアを拡大。HDD製品急成長。
丸紅グループの一員となる[4月]
1990 伊那工場・資材センター増築[12月]
1993 外付け3.5インチMOドライブ製品出荷開始[4月]
CD-ROMドライブ製品出荷開始[11月]
【業界動向】
マイクロソフトWindows3.1出荷開始[5月]
この頃から店頭でのビジネスが本格化し周辺機器のロジテックとして広く認知される
1995 【業界動向】
マイクロソフトWindows95出荷開始
CD-R/RW、MO市場拡大
1998 【業界動向】
マイクロソフトWindows98出荷開始
アップルiMac発売
1999 ロジテックがSCSI-USB変換によりiMacのUSBI/Fに接続できるMOドライブをいち早く製品化
PCプロダクト事業強化のため伊那第二工場建設[9月]
2001 ISO14001の認証を取得[9月]
2004 エレコム株式会社による当社株式取得によりエレコムグループの一員に。PC周辺からデジタル機器全体へ事業を拡大[12月]
2005 AV関連製品ブランド「Dialive」を発表
2006 USBワンセグTVレシーバーを業界初で発表・発売
2007 データ復旧技術センターを設置。過去よりの経験を生かし、消失データの救出をビジネスとして開始[6月]
2008 東京本社が千代田区一ツ橋に移転[8月]
データ復旧技術センターがISMSの認証を取得[9月]
Walkman公式周辺機器「Designed for Walkman」業界初対応商品を発表
2010 ロジテックINAソリューションズ株式会社設立 [10月]
カスタムPC、ストレージ製品、データ復旧サービス及び保守・修理サービスの事業は、エンドユーザーの皆様との直接的かつ長期的な信頼関係の構築が、収益性の向上と今後の事業拡大の重要な要素となっており、更に専門性を高め機動力を強化することを目的として「ロジテックINAソリューションズ株式会社」を設立。
2011 ロジテックINAソリューションズ株式会社 事業活動開始[4月]
2014 ウェスタンデジタル社とコラボ企画 「WD Black2換装サービス」開始[6月]
2018 一般財団法人 日本データ復旧協会に加盟[2月]
2021 データ適正消去実行証明協議会(ADEC)に加盟[5月]
古物営業法に基づく表示
氏名又は名称 ロジテックINAソリューションズ株式会社
交付公安委員会 長野県公安委員会
許可証番号 第481231600025号
TOP