データ消去サービス

データの完全な消去
データ消去サービスとは
情報の漏洩事故を防止するために、
記録メディア上のデータを完全消去し
復元できない状態にするサービスです。

データ消去の必要性

記録メディアに記録されたデータは、フォーマットしたりOSのリカバリを行っても完全に消去は行えません。
企業の重要な情報が外部へ流出することを避けるために、データの完全な消去が重要です。
企業や公共性の高い仕事で使用したパソコンや磁気媒体等は、廃棄する前に、機密データ、プライバシー情報が第三者に漏洩しないよう、 自己責任で対処することが必要です。

特徴

総務省の地方公共団体における情報
セキュリティポリシーに関する
ガイドラインが
提唱する復元困難な消去を実現しています。

物理的な方法による破壊(加圧変形破壊方式)

加圧変形破壊方式

専用装置を使用してデータ記憶領域(プラッタ、メモリチップ)に物理的に加圧変形を加えて破壊します。

※システム故障及びハードディスク故障の場合でも記録データの消去が可能です。

※物理的・視覚的に故障個所が確認でき、記憶装置の再利用、データ復旧はできません。

磁気的な方法による破壊(強磁気破壊方式)

加圧変形破壊方式

専用装置により 磁気記録媒体に強磁界を印加し、物理破壊を伴わずに磁気データを破壊します。

※システム故障及びハードディスク故障の場合でも記録データの消去が可能です。

※この処理では、磁気ヘッドを制御するためのサーボ情報や駆動用のマグネットの磁気も消去しますので、ディスクを再利用することはできません。

ソフトウェア消去

加圧変形破壊方式

消去後の記録メディアを再利用することが可能です。
データ適正消去実行証明協議会(ADEC)の消去技術認証を受けたULTRA-X社製のツールを使用しています。

※正常に動作することが必要となります。ノートパソコンなどの場合はACアダプタが必要になります。

Purge(除去)ソフトウェア消去

「OS等からアクセス可能なドライブの全領域」「OS等からアクセス不可能な領域」に上書き消去・暗号化消去を行います。

※記録メディアは再利用可能です。

Clear(消去)ソフトウェア消去

データ消去装置やデータ消去ソフトウェアを使用し「OS等からアクセス可能なドライブの全領域」に対して上書き消去を行います。。

※記録メディアは再利用可能です。

第三者による消去証明

ロジテックにてデータ消去作業が実行された際に、第三者機関である「データ適正消去実行証明協議会(ADEC)」が「データ適正消去実行証明書」を発行し適正なデータが完了したことを証明するものです。
「データ適正消去実行証明書」は、長期署名の標準規格(PAdES)に準拠した電子署名およびタイムスタンプにより証明書の改ざんを防止しています。

※消去媒体の情報と消去ログを元に自動的に発行されるため宛名の情報は表記されません。

データ適正消去実行証明書発行までの流れ

対応記録メディアと
消去方式

対応メディア 消去方式 ロジテック証明書 第三者証明書※2
HDD※1 3.5型HDD、2.5型HDD 物理破壊
磁気破壊
ソフトウェア消去
SSD※1 2.5型SSD、mSATA M.2 物理破壊
ソフトウェア消去
メモリカード SDカード、MicroSDカード、CFカード 物理破壊
USBメモリ USBメモリ 物理破壊
光学メディア CD-ROM、DVD、BD 物理破壊
テープ CMT、DLT、DAT、LTO、DDS、3480テープ 磁気破壊
FDD 3.5型FDD、5型FDD 磁気破壊
ZIP ZIPディスク 磁気破壊

※1 HDD、SSD搭載のパソコンを含みます。

※2 証明書発行手数料を別途申し受けます。

消去証明書の発行

消去作業完了時に、完全に消去した事を証明する「データ消去作業完了証明書」を発行いたします。
ソフトウェア消去の場合は、有料の「データ適正消去実行証明書」の発行を選択できます。

消去作業の流れ

  • STEP1
    WEB受付
    お客様

    WEBにてお申込み

  • STEP2
    請求書を発行
    ロジテック
  • STEP3
    発送とご入金
    お客様

    ロジテックへの配送費は、お客様ご負担

  • STEP4
    データ消去作業
    ロジテック
  • STEP5
    証明書発行
    ロジテック
  • STEP6
    ご返却
    ロジテック
注意事項
  • ※ハードディスク/SSD、メモリカード、USBメモリは、データ消去した媒体は消去作業後、弊社で引き取ることが可能です。
    引き取られた媒体は、構成する精密部品単位に分解され、データ復旧サービスのサービス過程において検証用治具として使用します。
  • ※弊社では廃棄処理の受託は行っておりません。
    データ消去サービスは記録されたデータを抹消するサービスであり、廃棄処理サービスを提供するものではありません。
    廃棄処理をご希望のお客様は、最寄の廃棄業者様へ直接ご相談下さい。
  • ※消去作業はご入金確認後に行います。着荷後1ヶ月間ご入金が無い場合は、消去作業を行わずに着払いにてご返却させて頂きます。
  • ※本サービスはセンドバック消去サービスです。お客様から記録装置をご送付いただき、弊社内でデータ消去を行います。
TOP