データ復旧サービス導入事例

対象ハードディスク

I/Oデータ HDL-GTR2U1.0

復旧スケジュール

解析開始〜調査報告 2015/01/08 〜 01/13
復旧開始〜復旧終了(発送) 2015/01/15 〜 01/16

ポプラについて
ポプラは自動車解体、中古車部品販売を行うリサイクル企業です。所在地、茨城県那珂市。設立2009年。

ロジテックに貴重データの修復を依頼

今回、ロジテックに依頼したデータ復旧の内容を教えてください。

今回、ロジテックには、会計情報、仕入れ品情報、車検情報など重要なデータの復旧を依頼しました。ハードディスクが読めなくなったのが今年1月の年明け。バックアップは定期的に取っていましたが、昨年12月分のデータだけは復活できませんでした。

その1カ月分のデータの復旧をロジテックに依頼したわけです。

年明け、仕事に来たらデータが読めなくなっていた

データ消失が分かった経緯を教えてください。

ポプラの社内ネットワークは、システムに詳しい知人Aさんに頼んで3年前に構築しました。今回壊れたハードディスクもその時に組み込んだもので、構築以来3年間、24時間電源ONで動き続けていました。

しかし3年間、動き続けでガタがきたのでしょうか。去年の後半から動きが悪くなってきました。特に年末の大掃除の日には、事務所の中で何かがかすかに焦げているような臭いもあり、結局そのときは原因は分かりませんでしたが、正月休み明けに出社したら、ハードディスクが動かなくなっていました(そして異臭も消えていました。ただし異臭の元がハードディスクだったのかどうかは今でも分かっていませんが)。

そのハードディスクは、すべてのパソコンにつながっている、従業員みなの共通データ置き場のような役割でしたが、社内のどのパソコンからもハードディスクは読めませんでした。

データ消失が分かってからの行動

その後、どのような処置をとったのでしょうか。

あまりいじって余計に壊してもよくないと考え、もともとのシステムを構築したAさんを呼んで、まずは調べてもらいました。

Aさんは壊れたディスクを自宅に持ち帰って調べるなど努力してくださいましたが、結局、「自分には手に負えない」と返答が来ました。

もはや自分たちで何とかするほかないと分かりました。

車が壊れたり傷が入ったりしたときは整備工場や板金屋で修理できます。だったらハードディスクの場合でもデータを修理する会社があるのだろうと考え、ネットで検索したところ、予想通り、多くの会社が表示されました。

まずは検索で最上位に出てきた会社に電話しました。しかし、結局そこには頼まなかったわけですが。

ロジテックを選んだ理由

なぜ依頼しなかったのでしょうか。

理由の一つとして「電話対応に不審な気配を感じた」ことがあります。最初は女性が出てきましたが、そのあと男性に代わりました。その人が技術者と言うよりは「営業マン!」というかんじで、言葉巧みにたたみかけてきます。ちょっと危ないと思いました。

次にロジテックに電話しました。こちらは技術者の方が丁寧に説明してくださいました。妙に食い下がってくることもありません。対応は全般的に冷静で親切、これなら信頼できると感じたので、壊れたディスクを送付の上、見積もりを依頼しました。

その後、見積もりが届きましたが、価格もこちらの想定内に収まっていたので、正式に依頼することにしました。

数日後、データは修復されて戻ってきました。梱包も丁寧で、よい会社だと思いました

先輩ユーザーからのアドバイス

いまデータ復旧を検討している人に向けて、先輩ユーザーとしてアドバイスなどあればお知らせください。

データを直したいと焦る気持ちは分かりますが、複数の会社を比較した方が良いと思います。

ロジテックさん、今回は弊社の貴重データを修復していただき、ありがとうございました。

お問い合わせ
安心の無料調査を依頼する

ロジテック技術者よりコメント

今回はどのような障害だったのか

共有ファイルにアクセスできない。管理画面にアクセスできない。電源ボタンでシャットダウンができない。

どのような技術対応を行ったか

専用装置にてハードディスクから記録情報を抽出し、取得情報にてRAID構成の再構築及び走査解析を行いデータを抽出。

今回の修復をふりかえって

ハードディスクからの情報を抽出において若干の不良セクタはありましたが、データへの影響度はあまりなく、障害前の状態でのデータが復旧できたと思われます。障害発生後、色々と操作せず調査に出されたのが良好な結果が得られたと考えます。

お客様は定期的にバックアップを実施しておりましたが、引き続きバックアップを実施いただければと存知上げます。また、いつもとちょっと動作が変だなと感じた時は、継続的な使用は避けていただきたいと思います。
この度は、弊社にご用命いただき感謝申し上げます。

※ 取材日時 2015年2月
※ 文中の数字、データはいずれも取材時点のものです。

ロジテックは3つの無料でもお客様に選ばれています!

NAS/RAID製品/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜)/1媒体」がかかります。

パソコン/外付けHD/メモリ/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜/1媒体」がかかります。

全ての媒体がデータ復旧できない場合/復旧費用「無料」

※復旧不可能な場合、調査費用及びデータ復旧費用はかかりません。復旧に成功した場合のみ費用をお支払いただく成功報酬型のサービスです。


ロジテック株式会社 データ復旧技術センター 【媒体送付先】〒396-0111 長野県伊那市美篶8268番地1000 ロジテック7番窓口 データ復旧もやっぱりロジテック TEL: 0800-888-6409  通話/相談無料 受付9:00〜24:00 FAX:0265-74-1402
Warning! 障害の起きた機器は通電しないで下さい!データ破損が進行して復旧できなくなります。お問い合わせ 安心の無料調査を依頼する

データ復旧技術センターの「データ復旧サービス導入事例:ポプラ」ページをご覧の皆様へ:

データ復旧のデータ復旧技術センターは、パソコンやHDD/ハードディスクなどの周辺機器メーカーロジテック直営 のデータの復旧サービス・データの消去サービスの専門施設です。 ISMS(情報セキュリティ国際規格)を取得しているので、データの取り扱いには高い意識と管理体制で運用されています。 HDD/ハードディスクなどか ら消えたデータを元通り復旧することができます。データの復旧ができなかった場合はデータ復旧作業にかかる費用は頂きません。まずはHDD/ハードディスクの中の大切なデータがなくなった!などのお問合せをいただければ、1982年創業以来の経験と実績をもって最善のデータ復旧を実現させていただきます。

スマートフォン表示に切り替え