2012/ 5/16 

ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータ
(LAN-W300N/R、LAN-W300N/RS、LAN-W300N/RU2) に関するお詫びとお願い

 

 

 <更新のお知らせ> 2013.11.6
  ファームウェア更新関連情報を追記いたしました。

 

 <更新のお知らせ> 2012.11.19
  ファームウェア更新関連情報を追記いたしました。

 

 <更新のお知らせ> 2012.6.1
  対策済製品の判別について、追記いたしました。

 

 <更新のお知らせ> 2012.5.24
  ロジテック 300Mbps無線LANブロードバンドルータの一部に対する 

  セキュリティーを強化したファームウェア(Ver 2.27)について、2012年5月24日に公開いたしましたのでお知らせいたします。

 

ファームウェアの更新は下記よりご確認ください。

ファームウェア確認/ファームウェア更新手順

【ファームウェア Ver 2.33改善内容】
・一部のケーブルTVで通信できなくなる障害に対応

 

※Ver 2.17以前のFWをご使用のお客様は、必ずVer 2.33へ更新をお願いいたします。

 

 

 

お客様各位


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ロジテック 300Mbps無線LANブロードバンドルータの一部において、セキュリティに脆弱性があることが判明いたしました。

この脆弱性により、インターネット接続に必要な「PPPoEの認証ID」および「PPPoEの認証パスワード」が外部より取得される可能性がございます。

 

対象製品をご利用のお客さまにおかれましては、ファームウェアを更新いただきますよう、お願い申し上げます。

また、ファームウェア更新後、契約されているISP様にご連絡頂き、「PPPoEの認証ID」および「PPPoEの認証パスワード」 を変更されることをお勧めいたします。

尚、他の設定につきましても、変更されている可能性があるため、ルータのファームウェアを更新される場合には、ルータを初期化してから再設定されることをお勧めいたします。

 

お客様に大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

2012年5月16日

 

ロジテック株式会社

 

 

 


■対象製品 
製品名    製品名 300Mbps無線LANブロードバンドルータ

 

型番

▲LAN-W300N/R 

▲LAN-W300N/RS

▲LAN-W300N/RU2


     シリアルナンバー 末尾が「B」

 

     ファームウェア バージョン2.17

▼※パッケージ裏面の右下、バーコードに青色の識別シールが貼られた製品は対策済み製品です。


 

 

 

■不具合内容
 インターネット側から、ルータ内部のインターネット認証ID(PPPoEの認証ID)およびパスワード(PPPoEの認証パスワード)が取得できる可能性がある。

 

■確認と更新の手順
1.型番とシリアル番号の確認方法
本体側面のカバーを外すと、シールに型番、対象S/N(シリアルナンバー)が記載されています。

くわしくはこちらをご確認ください。

 

2.ファームウェアのバージョン確認と更新手順
ファームウェアのバージョンが『バージョン2.17』であれば、更新をお願いします。
くわしくはこちらをご確認ください。

 

3.さらにセキュリティーを強化したファームウェアを5月28日に公開予定です。
公開しましたら本ページにてお知らせさせて頂きますので、再度、更新をお願い申し上げます。

 

 

 

 

■お問い合わせ窓口■

「お客様相談室」
電話番号:0120-075-535(フリーダイヤル)
受付時間: 10:00〜12:00 13:00〜18:00
月曜日〜金曜日(祝祭日、夏期・年末年始特定休業日を除く)

※2013年9月24日(火)〜12月28日(土)および、
2014年1月 4日(土)〜 4月30日(水)は、
受付時間:10:00〜19:00にて、土日祝祭日も休まず営業します

 

 

 

以上




※本サイト内容を予告なく変更する場合があります。