データ復旧技術センターTOPコラム > vol.025 パソコンが水浸しに!データを守るには「拭く」「乾かす」はNGです!

パソコンが水浸しに!データを守るには「拭く」「乾かす」はNGです!

パソコンを利用するとき、近くに食べ物や飲み物を置いて作業することも少なくありません。こういったときはこぼさないように気をつけるものですが、それでもうっかり食べ物や飲み物をこぼしてしまうことはあります。これがデスクトップパソコンでキーボードの上にこぼした、という場合であればそれほど深刻な問題にはなりませんが、ノートパソコンの場合やパソコン本体に飲み物をこぼしてしまった場合は故障の可能性もある大きな問題となります。

大きな問題となる、とはいうものの、こぼしてしまった際にどうすればいいのか、何に気をつけて行動すればいいのかはあまり知られていません。よかれと思ってやったことが、事態を悪化させる原因になることもあります。

そこで以下では、パソコンが水浸しになってしまった場合の対処法についてご紹介します。

水濡れに「拭く」や「乾かす」はNG!?

水濡れに「拭く」や「乾かす」はNG!?

たとえばテーブルに水をこぼした場合、布巾で水気を拭き取るのは当然の行動といえます。服が濡れてしまった場合には、乾かすのも当然です。しかし、パソコンが水浸しになってしまった場合には、これらの行為はいずれもNGです。濡れていても、拭いたり乾かしたりしてはいけないのです。

ハードディスクは非常にデリケートなもので、乾いた布で拭けば傷や歪みが生じます。この傷や歪みは不具合の原因となるため、濡れたからといって拭いてはいけないのです。また、乾燥させた場合は液体に含まれていた成分が固く付着してしまい、そのせいでデータ復旧が難しくなります。自然乾燥はもちろん、ドライヤーなどを利用して乾燥させるのもNGです。

ハードディスクが水に浸かってしまった場合の対処法

前述したように、パソコンが水に浸かってしまった場合には拭いたり乾かしたりしてはいけません。では、もしそうした事態に陥った際にはどのように対処すればいいのでしょうか。

パソコンが水に浸かってしまった場合、ハードディスクのデータ復旧が大きな問題となります。そのため、データ復旧の確率を高めるための行動をしなければいけません。そのためには、乾燥させないようにする必要があります。濡れたハードディスクが乾燥すると、成分が固く付着するほか急速に腐食や錆が進行します。こうなるとデータ復旧は不可能となるため、濡れタオルなどでハードディスクを包み込み、ビニール袋などに入れて保管しなければいけません。

また、迅速にデータ復旧業者に連絡し、復旧を依頼しなければなりません。ハードディスクが水浸しになった場合、ソフトを使って自分でデータ復旧を行なうのは不可能です。復旧のために通電するとその時点でデータ復旧ができなくなります。復旧作業までに時間をかけるとハードディスクが乾燥してしまうため、迅速に依頼しなければいけません。

ハードディスクをデータ復旧業者に送るときの注意点

ハードディスクをデータ復旧業者に送るときの注意点

水浸しになったハードディスクのデータ復旧は、業者に依頼しなければいけません。自分でデータ復旧を行なうには通電する必要がありますが、何の対策もせずに通電してしまうとその時点で復旧不可能になってしまうのです。そのため、データ復旧業者にきちんと依頼する必要があります。

データ復旧業者に依頼する場合、水浸しになったハードディスクを業者に送る必要があります。その際には、いくつか注意すべきポイントがあります。ひとつは、乾燥させないこと。前項でもご紹介したように、濡れタオルとビニール袋を使って乾燥しない環境をつくる必要があります。もうひとつは、丈夫な箱のなかにコネクター接続部を下にして垂直に梱包するということ。これは、水をヘッドと逆側に集めるためです。ひっくり返ることがないよう、天地無用で送付します。

以上のことに気をつけ、迅速にデータ復旧業者にハードディスクを送りましょう。

ロジテックは3つの無料でもお客様に選ばれています!

NAS/RAID製品/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜)/1媒体」がかかります。

パソコン/外付けHD/メモリ/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜/1媒体」がかかります。

全ての媒体がデータ復旧できない場合/復旧費用「無料」

※復旧不可能な場合、調査費用及びデータ復旧費用はかかりません。復旧に成功した場合のみ費用をお支払いただく成功報酬型のサービスです。


ロジテック株式会社 データ復旧技術センター 【媒体送付先】〒396-0111 長野県伊那市美篶8268番地1000 ロジテック7番窓口 データ復旧もやっぱりロジテック TEL: 0800-888-6409  通話/相談無料 受付9:00〜24:00 FAX:0265-74-1402
Warning! 障害の起きた機器は通電しないで下さい!データ破損が進行して復旧できなくなります。お問い合わせ 安心の無料調査を依頼する

データ復旧技術センターの「SeeQVaultの仕組みと便利な使い方」ページをご覧の皆様へ:

データ復旧のデータ復旧技術センターは、パソコンやHDD/ハードディスクなどの周辺機器メーカーロジテック直営 のデータの復旧サービス・データの消去サービスの専門施設です。 ISMS(情報セキュリティ国際規格)を取得しているので、データの取り扱いには高い意識と管理体制で運用されています。 HDD/ハードディスクなどか ら消えたデータを元通り復旧することができます。データの復旧ができなかった場合はデータ復旧作業にかかる費用は頂きません。まずはHDD/ハードディスクの中の大切なデータがなくなった!などのお問合せをいただければ、創業26年以上の実績からスピードをもってデータの復旧を実現させていただき ます。

スマートフォン表示に切り替え

ロジテック株式会社 データ復旧技術センター
Copyright © Logitec Corp. All rights reserved.