ランサムウェアとは?

ランサムウェアとは、感染したPCをロックしたり、ファイルを暗号化したりすることによって使用不能にしたのち、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する不正プログラムです。身代金要求型不正プログラムとも呼ばれます。
ランサムウェアはスパムメールや改ざんした正規サイトから脆弱性を攻撃する不正サイトへ誘導されて感染します。ランサムウェアが活動開始すると、感染PCの特定機能を無効化し操作不能にする、もしくはデータファイルを暗号化し利用不能にするなどの活動が行われます。またPCを感染前の状態に戻すことと引き換えに金銭の支払いを要求する画面が表示されます。

ランサムウェアとは

もしも感染してしまった場合に備えて

ランサムウェアに感染しないための対策を実施していても、100%被害を防げるとは限りません。そのため、万が一ランサムウェアに感染してしまった場合でも、その被害を最小限に留める準備をしておくことが重要です。特に現在主流となっているファイル暗号化型のランサムウェアに感染した場合、暗号化されたファイルの復号は困難です。このため、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)では、バックアップ時のみ外付けHDDを繋ぎ、バックアップ完了後には取り外す運用を提案しています。
しかし、それでは作業としては非効率ですし、バックアップの手間もかかります。そこで、ロジテックはNASと外付けHDDを利用したバックアップ方法を提案いたします。

NASのバックアップには、ネットワーク共有を無効にした外付けHDDを使用することで、感染を回避します。

01

NASに接続した外付けHDDの
ネットワーク共有は「無効」にする。

ネットワーク共有設定を「無効」にします。そうすることにより、パソコンからの読み書きができなくなるので、ランサムウェアからの感染を防ぐことができます。

02

「履歴管理」可能な
バックアップ方法を選ぶ。

バックアップ時に変更した分の履歴を残す「履歴管理」バックアップの利用してください。万が一、元ファイルが使用不能になってしまった場合でも、履歴を残すことで、使用不能にされる直前のファイルを取り出すことが可能です。

ロジテックのおすすめ

万が一、パソコンがランサムウェアに感染してしまってもバックアップデータがあれば復旧することも可能です。ただし、普段はバックアップ先のドライブを読み書きできないようにする必要があります。バックアップデータをランサムウェアによる被害から守るために、以下のような設定を行われることをおすすめいたします。

NASの容量を減らすことなくランサムウェア対策が可能

NASの履歴管理バックアップのために
外付けHDDをプラス

  • 外付けUSBドライブへの履歴管理バックアップを行うときは、外付けUSBドライブをEXT3、またはXFS形式でフォーマットすることをおすすめします。
  • USBドライブを履歴管理バックアップ先として利用する場合は、使用しているUSBドライブを他の機器に接続して編集しないでください。バックアップデータが意図しないファイルに書き換わる可能性があります。

ここがメリット

01

HDDを別で用意するため
NAS本体の容量に影響しません

  • 今お使いのNASのバックアップができる容量の外付けHDDを用意する必要があります。
02

設定がとても簡単。バックアップモードの変更のみ。

外付けHDDへのバックアップを「履歴管理バックアップ」モードにするだけで対策が可能です。

オススメの外付けHDD

ファンレスの美しい機能美 EN Series

空冷を考え通気用のスリットを配置したエアフロー構造。空冷を考え、底面と側面に通気用のスリットを配置

ハードディスクの性能維持・寿命は、熱対策が鍵を握ります。ファンレスでも、“空気の通り道”を考慮し、「空冷構造」を実現したのが【EN Series】。
横置きでも縦置きでも吸気口が製品下部にくる「ダブルデッキエアフロー構造」小型化+製品の信頼性もしっかり維持したロジテックオリジナルデザインです。

ENシリーズはこちら

LHD-ENU3BS

最高レベルの暗号化機能を備えたENシリーズHDD。ポータブル・セキュリティハードディスク

ロジテックの暗号化ハードディスクは最高レベルの暗号化機能(ASE256bit)とLogitecオリジナルパスワード認証ツールのダブルセキュリティ機能を搭載しています。マイナンバー管理や流出が許されない重要データを保存するために開発された外付けハードディスク。情報漏洩対策として企業で安心して使えるHDDです。3.5インチ外付け型、2.5インチポータブルタイプの2種類からお選びいただけます。

  • ●価格.comプロダクトアワード2016銀賞受賞
  • ●楽天年間ランキング受賞

外付け暗号化ハードディスクはこちら

オススメのポータブルHDD

強靱セキュリティ&米軍基準タフボディ LHD-PBMU3BS

米軍基準のタフボディに強靱な暗号化セキュリティを導入。機密情報専用 ポータブルハードディスク

マイナンバーを含む個人情報の情報漏洩対策基準に対応した、ダブルセキュリティの暗号化対応 USB3.0外付型ポータブルHDユニット!
最高レベルのAES256bit暗号化とLogitecオリジナルの「パスワード管理ツール」でデータを守ります。ハードディスクは高信頼性の「WD Blue」「WD RED」を採用し、ビジネスシーンで「消えてはいけないデータ」を保管するのも安心です。米国軍採用の「ミルスペック」をクリアした高い耐衝撃性で万一の落下にも壊れにくく、安心してHDDを持ち運ぶことが可能です。

ポータブル暗号化ハードディスクはこちら

肉厚ラバーフレーム

スマートフォンをはじめタブレットPCなどで採用実績のある耐衝撃ラバーでハードディスクを保護。1メートルのところから落としてもラバーが衝撃を吸収。

フローティング構造

フローティング構造(浮かして支える構造)により、直接ボディが圧迫されても、圧力がハードディスクに伝わりにくいので、外部からの衝撃を大幅に軽減。

どの角度からの落下にも衝撃を吸収できるようにラバーの硬度(柔らかさ)を極限までチューニング。

落下時、HDDドライブだけでなく内部基板のコネクタもラバーフレームで覆われているので基盤の破損も保護。

米国軍採用の
ミルスペックをクリア

米軍採用品の耐衝撃選定基準となる、「MIL-STD-810F516.5」をクリア。このハードディスクは高い耐衝撃性を証明しています。

ランサムウェアの対策方法とは?

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)は主にWindows 環境での感染が確認されていますが、AndroidやMac環境でも確認されているのでどの端末に対しても対策が必要です。
まずは、パソコンを感染されないために必要なことをしておくことが重要です。さらに、もし被害に遭ってしまってもファイルの復元ができるように、定期的なバックアップを取るようにすることが必要です。

01

セキュリティソフト導入しPCを最新の状態に保つ。

ウイルス対策ソフトをPCへインストールし、定義ファイルを最新の状態に保つことで、ランサムウェアからの感染にリスクを減らすことが可能です。
※新種のウイルスやパターンファイルに登録されていないウイルスは防げない場合があります。

02

不自然なメールや
サイトのリンクに要注意。

迷惑(スパム)メールの添付ファイルを開いたり、ランサムウェアを拡散するサイトにアクセスしてしまって感染するケースが多いようです。一見正常なメールに見えても心当たりのない添付ファイルは開かないこと、あるいは送信者に確認するなどして細心の注意を払うことが大切です。

03

パソコンは常に
最新の状態にしておく。

ランサムウェアの侵入口となるOSやソフトの脆弱性への対策は欠かせません。パソコンのOSは、Windowsアップデートなどで常に最新に保ちましょう。また、Webブラウザ、JavaやFlashなどのプラグイン、その他ソフトの“更新プログラムが提供されたら速やかに適用”しましょう。

  • フリーダイヤル 0800-1706409
  • お問い合わせフォーム
  • ロジテック総合カタログPDF ダウンロード
ロジテック製品の技術的なお問い合わせ フリーダイヤル 0570-070-040