ホーム > 製品別障害事例 > メモリー関連製品

製品別障害事例

Example

メモリー関連製品

工事現場写真や取材写真の持ち運び等利用が多いためトラブルも様々

フラッシュメモリは、パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットなど、身の回りの情報機器には必ずと言っていいほどフラッシュメモリが使われています。コンパクトでその持ち運び易さから、非常利用シーンが多く、トラブルも様々です。
工事現場写真や取材写真の持ち運び等利用が多いからトラブルも様々
障害復旧事例
事例1
SONY USM8GT(POCKETBITポケットビットシリーズ)
調査日数 0.5日 復旧日数 0.5日
製品の仕様
形状:
スティック型USBフラッシュメモリー
I/F:
USB3.0
メモリ:
容量8GB
障害復旧事例1
構成と障害
数時間前まで使用できていたUSBフラッシュメモリが、PCのUSBポートに挿し込んでも認識できなくなってしまった。
現象と復旧
電気・機械的に回路が損傷しており、ユーザデータの領域メモリから直接読み込むことで、可能な限りのイメージを取得しました。幸いデータ構造には問題は無く、正常にファイル変換が実施できました。その結果、障害前の状態に戻りほぼ100%のデータを復旧することができました。
事例2
SunDisk製 SDカード
調査日数 0.5日 復旧日数 0.5日
製品の仕様
形状:
カード型フラッシュメモリー
I/F:
FAT32
メモリ:
容量64GB
障害復旧事例2
構成と障害
カードリーダー、パソコンに挿し込んでも全く認識しない。いろいろな機器で接続をためしたが、症状は改善されなかった。
現象と復旧
ファームウェア損傷が起因してデバイスロックがかかっている症状を確認しましたファームウェアの再構築を行い可能な限りのイメージを取得した上で、データ構造再構築とファイル変換を行いました。その結果、一部のファイルに損傷は残ったものの、90%以上のデータを復旧することができました。
事例3
BUFFALO RUF3-S32GS
調査日数 0.5日 復旧日数 0.5日
製品の仕様
形状:
スティック型USBフラッシュメモリ
I/F:
USB3.0
メモリ:
容量32GB
障害復旧事例3
構成と障害
古いデータを初期化(フォーマット)をした後に、新しいデータを保存してしまった。
初期化する前の一部のデータを復旧させたい。
現象と復旧
上書きされた状態でも「初期化前のデータ容量>初期化後のデータ容量」であれば、差分データの復旧は可能性があります。現状のイメージを取得した上で、データ構造再構築とファイル変換を行うことで可能な限りのデータを回収しました。その結果、一部のファイルに損傷は残ったものの、75%以上のデータを復旧することができました。トラブル発生後直ぐにご相談いただいたので、初期化前のお客様が要望するデータも無事に復旧することができました。
簡易障害事例
データ消失の焦りから、お客様自身で復旧作業をされ障害が悪化するケースが増えています。
下記のような状態の時は、電源を切って現状維持でロジテック データ復旧技術センターまでご依頼下さい。
障害診断リスト
「フォーマットしますか?」と表示されて使用できない 市販の復旧ソフトを使用しても希望するデータが出てこない
DVD-RやCD-Rなど、パソコンで読み込みできない 「ディスクを挿入して下さい」と表示されアクセスできない
エラーが表示されてアクセスできない パソコンに認識されない
誤ってデータを削除してしまった デジタルカメラ等で「カード異常」と出る
「フォーマットしますか?」と表示されて使用できない
OS側の管理情報とメモリ側のファイル形式との整合性がとれないために、OS側は「初期化しないと使用できません」と警告を出してきます。
このような場合は「いいえ」でキャンセルをして下さい。「はい」を選択すると文字通り初期化作業を行ってしまいます。万が一、初期化(フォーマット)作業を行ってしまった場合でも、使用を止め現状維持でロジテックまでご依頼下さい。
市販の復旧ソフトを使用しても希望するデータが出てこない
近年、復旧ソフトの性能も良くなりましたが、あくまでも簡単な障害しか対応できません。物理的な障害が起きていることに気付かず復旧ソフトを使用すると障害が悪化してデータを救出できなくなります。復旧ソフトで希望のデータが見つからなくても諦めずにロジテックへご依頼下さい。(※物理的な障害になれば、復旧費用も高くなります)
DVD-RやCD-Rなど、パソコンで読み込みできない
メディアをパソコンに入れても「ディスクを挿入して下さい」 「アクセスできません」など、何らかのエラーメッセージが表示されてディスクにアクセスできなくなります。
よくある症状は、書き込み時の何らかの原因で、パソコン側に認識させる為の管理情報あるいは、物理的なキズなどが付いたことによりアクセスができなくなっています。
「ディスクを挿入して下さい」と表示されアクセスできない
USBフラッシュメモリやCDなどのメディアを入れても「ディスクを挿入して下さい」とメッセージが表示されアクセスできないケースがあります。USBフラッシュメモリなど場合は、内部機構が物理的に故障している可能性があります。まずは安全な方法でパソコンや機器の使用を停止して、現状維持でロジテックへご依頼下さい。
エラーが表示されてアクセスできない
WindowsなどのOSが管理する管理情報が欠落しているために、HDDが正常に認識できていないか、初期設定の状態で認識されています。I/Oデバイスエラーは、電気・機械的な物理障害の可能性があります。
まずは安全な方法でパソコンや機器の使用を停止して、現状維持でロジテックへご依頼下さい。
パソコンに認識されない
物理的に障害が起きている可能性があります。 データトラブルに遭遇した場合、他のパソコンや機器で認識できるかを確認するために、通電することを続けることで障害が悪化する可能性があります。まずは安全な方法でパソコンや機器の使用を停止して、現状維持でロジテックへご依頼下さい。
誤ってデータを削除してしまった
保存されたデータを誤って削除等してしまったら、直ぐに機器の使用を中断して下さい。使用を継続することで、データ領域が上書きされてしまい、データ復旧ができない可能性が高くなります。また突然保存データが見えなくなるケースは、電気・機械的な物理障害を伴っている可能性もあるため、ロジテックで調査することをお勧めします。
デジタルカメラ等で「カード異常」と出る
潜在的にHDDに障害が潜んでいる場合、ディスクユーティリティなどのソフトを実行すると障害が顕在化する可能性があります。
WindowsのみではなくMacintoshでもディスクユーティリティを実行した後、HDDが認識しなくなるケースがあります。
代表的な製品・システム
対応フラッシュメモリ
  • USBフラッシュメモリ
  • SDメモリカード
  • SDHCメモリカード
  • SDXCメモリカード
  • microSDメモリカード
  • microSDHCメモリカード
  • microSDXCメモリカード
  • miniSDメモリカード
  • xDピクチャーカード
  • コンパクトフラッシュ(CF)
  • スマートメディア
  • メモリースティック
  • メモリースティック PRO
  • メモリースティック Duo
  • メモリースティック PRO デュオ
対応光学メディア
  • CD-R/RW
  • DVD-R
  • 各種DVDメディア
  • DVD-RAM
  • Blu-rayディスク
  • MOディスク
※メーカー、OS、使用している機器は問いません。