データ復旧技術センターTOP > データ復旧サービスとは

データ復旧サービスとは

データ復旧サービスとは

データ復旧サービスは、10年以上も前に日本市場へ導入され、幅広い分野で利用されている特殊技術を使用したサービスです。ハードディスク(Hard Disk)をはじめ、USBフラッシュメモリ(USB Flash Memory)、SSD(Solid State Drive)、デジタルカメラ等で使用されるSDカード類、CDやDVDなどを総称した記憶媒体が、何らかの原因により障害を起こして内部データにアクセス、退避、バックアップ(複製)ができないときに、特殊な技術を用いて内部からデータを救出するサービスです。

一般家庭からオフィスに至るまで、記憶媒体と総称されるパソコンや周辺機器などが数多く使用される時代となりました。こうした時代を背景に、ロジテックデータ復旧技術センターは、様々なデータトラブルからお客様の大切な情報資産を救出しています。

各製品メーカーの修理サービスとの違い

データ復旧サービスは、パソコンや周辺機器の動作的な機能を回復させることは目的とせず、技術と設備や手法を使い内部に保存されたデータを取り出すことを目的としています。

障害により記憶媒体を開封して内部の精密機構を調査・解析した上で復旧作業を行いますので、復旧作業後のパソコンや周辺機器の動作的な機能は一切回復できない場合があります。この場合メーカー保証の対象外となる場合もありますので、データを優先するか、製品の修理を優先するかを決定した上で、各サービスを受ける必要があります。

一般的な製品メーカーの提供する修理サービスは、パソコンや周辺機器の動作的な機能を回復させるため、故障箇所の部品を新品の部品と交換をします。製品としては使用できますが、保存されたデータは故障部品として破棄されてしまいます。(部品のユニット交換以上の作業は対応できません)

ハードディスクの例では、精密さゆえにハードディスク自身の修理は行うことはできません。各ハードディスクメーカー自信も修理やデータ復旧を前提とした製造方法を採用していません。そのためハードディスクが故障した場合は、新品のハードディスクと交換する修理サービスが一般的になります。

ロジテックの場合:分解   製品メーカーの場合:交換
データ復旧:動作は回復できない場合有り   データは破棄

このような経験はありませんか?

(1)デジカメ(デジタルカメラ)で…

SDカード、コンパクトフラッシュなど
・せっかく撮った写真を消してしまった
・旅行から帰ってきてパソコンに接続したら、読めない…
・パソコンがフリーズして再起動したら、「フォーマットしますか?」とメッセージが表示される…
・誤って初期化(フォーマット)してしまった、データを削除してしまった…

(2)携帯電話で…

miniSDカード、MicroSDなど
・大切な友達とのメールを保存してあったのに、読めない…
・初期化(フォーマット)してしまった、データを削除してしまった…
・せっかく撮影した写真データが読み込めない…

(3)学校や会社で…

USBフラッシュメモリなど
・学校で使用する論文を消してしまった…
・お客様にいただいたデータを削除してしまった…
・エラーメッセージが表示されてデータが読み込めない…

(4)家庭で…

CD、DVDなど
・せっかく撮った番組を消してしまった…
・思い出の旅行のビデオを観ようとしたら、再生しない…
・苦労して作成した音楽ライブラリなのに、再生しない…
・デジカメ(デジタルカメラ)のデータをたくさん保存してあったのに、読み込めない…

(5)会社、家庭、学校で…

HDD/NAS/RAID/PCなど
FD(フロッピーディスク)、MOなど
・会社のデータをバックアップしてあったのに、読み込めない…
・昔のワープロのデータを読もうとしたら、読み込めない…
・ディスクを挿入してください、とエラーメッセージが表示される…
・誤って初期化(フォーマット)してしまった、データを削除してしまった…

HDD(内蔵型ハードディスク、外付けハードディスク、ポータブルハードディスク)など
・パソコンにデータを移そうとしたら、読み込めない…
・「CRCエラー」や「巡回冗長エラー」が表示され、データを正常に読み取れない…
・「フォーマットしますか?」とメッセージが表示されて使用できない…
・今までに聞いたことのない異音が聞こえてハードディスクを認識しない…
・使用中に机から落下させてしまった、使用中に転倒させてしまいハードディスクを認識しない…
・ウィルスに感染して、データが消えてしまった…
・パソコンを落としてしまい、起動できなくなった…
・誤って、重要なデータを消してしまった…
サーバ機器、RAID機器など
・アレイコントローラの設定を初期化してしまった…
・停電後、起動しなくなった…
・リビルド中に異常終了してしまい、その後起動しない…
・エラー警告音が発生して、アクセスできなくなった…
・ネットワーク上から共有ファイルが消えてしまった…
・保存してあったはずのファイルやフォルダ、データが消えてしまった…

記憶媒体の障害は大きく分けて2パターン

パターン1:論理的な障害

 

パターン2:物理的な障害

パターン1:論理的な障害例

ソフトウェア障害とも呼んでおり、電気・機械的に障害はありませんが、保存されているフォルダやファイルなどのデータ、あるいはOS(WindowsやLinuxなど)が管理している管理情報が障害を起こしている状態を言います。その他にもヒューマンエラーと呼んでいる誤操作やウィルス感染による障害も論理的な障害に含まれます。

パターン1:論理的な障害例
 

電気・機械的にハードディスクなどの記憶媒体を構成する部品が障害を引き起こしている状態を言います。
電源を入れても動作せず、BIOSやパソコンのOS上でも認識されない状態になります。

パターン2:物理的な障害例
時には異音を発生させることもあり、通電を続けることで障害が悪化する可能性の高く、データ復旧する為には高いレベルの特殊技術が必要となります。
パターン2:物理的な障害例

ロジテックは3つの無料でもお客様に選ばれています!

NAS/RAID製品/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜)/1媒体」がかかります。

パソコン/外付けHD/メモリ/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜/1媒体」がかかります。

全ての媒体がデータ復旧できない場合/復旧費用「無料」

※復旧不可能な場合、調査費用及びデータ復旧費用はかかりません。復旧に成功した場合のみ費用をお支払いただく成功報酬型のサービスです。


ロジテック株式会社 データ復旧技術センター 【媒体送付先】〒396-0111 長野県伊那市美篶8268番地1000 ロジテック7番窓口 データ復旧もやっぱりロジテック TEL: 0800-888-6409  通話/相談無料 受付9:00〜24:00 FAX:0265-74-1402
Warning! 障害の起きた機器は通電しないで下さい!データ破損が進行して復旧できなくなります。お問い合わせ 安心の無料調査を依頼する

データ復旧技術センターの「データ復旧サービスとは」ページをご覧の皆様へ:

データ復旧のデータ復旧技術センターは、パソコンやHDD/ハードディスクなどの周辺機器メーカーロジテック直営 のデータの復旧サービス・データの消去サービスの専門施設です。 ISMS(情報セキュリティ国際規格)を取得しているので、データの取り扱いには高い意識と管理体制で運用されています。 HDD/ハードディスクなどか ら消えたデータを元通り復旧することができます。データの復旧ができなかった場合はデータ復旧作業にかかる費用は頂きません。まずはHDD/ハードディスクの中の大切なデータがなくなった!などのお問合せをいただければ、1982年創業以来の経験と実績をもって最善のデータ復旧を実現させていただきます。

スマートフォン表示に切り替え