データ復旧技術センターTOP > 法人・販売店のお客様

法人・販売店のお客様

お客様の大切な情報資産を預けるには、その会社がどのような会社であるかが重要です!官公庁のお客様、法人のお客様、教育機関のお客様など、お取引条件もお気軽にご相談下さい!!

障害の起きた機器は通電しないで下さい!
データ破損が進行して復旧できなくなります。

障害が起きたら直ぐにロジテックへ エレコム社経由の取引専用はこちら

ロジテックは、安心して情報資産をお預かりするための体制が万全です

情報セキュリティマネジメントシステム取得

情報セキュリティマネジメントシステム   2008年9月22日、ロジテック株式会社 データ復旧技術センターは、お客様からお預かりしている大切な情報資産を漏洩、不正使用、改ざん、などの脅威から護る為に、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を導入し国際標準規格であるISO/IEC 27001:2005 (JIS Q 27001:2006)に適合していることをLRQA(ロイド レジスター クオリティーアシュアランス リミテッド)により審査、認証されています。

ISMSとは、個人情報保護だけに留まらず、保有する情報資産を洗い出し、リスク分析、評価を行い、リスク対応を「計画−実施−点検−見直し」のサイクルで継続実施し、より安全性を追求していくマネジメントシステムです。

今回ISMS認定を節目として今後更にお客様の情報資産の安全性を高め安心してロジテック データ復旧技術センターをご用命頂けるように体制を強化しています。


1年に及ぶコンサルティングと模擬審査を経て、本審査に通過しました。認証はあくまでスタート地点に立つことができたのみです。変化するリスクに柔軟に対応するために、日々セキュリティに対する高い意識を持って取り組んでいます。 データ復旧 登録証クリックで拡大 データ復旧 登録証クリックで拡大
24時間の監視体制システム セキュリティルーム内は、24時間の監視体制システムが稼動しています。
1ヶ月間のセキュリティルーム内の一連の作業が監視・記録され、情報システム課の管理する専用サーバルームにて保管されています。問題発生時にはすぐに過去の記録を確認できます。
独自の監視カメラの管理ツールで、死角のない監視体制を実現しています。
24時間の監視体制システム 作業ログから作業完了後のバックアップデータの管理など、堅牢なセキュリティ体制で管理・保管されています。

例え監視体制が堅牢でも、関係者以外の立ち入りは固くお断りしていますのでご安心下さい。
業者の中には、設備内の見学等を許可しているところもありますが、制限された区域であっても「入室させないこと」が一番高いセキュリティを保つことができます。

また過剰なセキュリティ体制への投資をしている場合は「果たして効果があるか?」は別として、設備運営費もお客様がご負担する価格に跳ね返ってくる可能性もあります。
適切なセキュリティ体制で過剰投資された設備でないかを見極めることも、安心してデータ復旧を申し込むことができるポイントであると考えています。

ロジテック自社工場完結 … 海外への持ち出しはありません

ロジテック自社工場完結 ロジテックの自社工場にて、作業を実施しています。

自社で完結できる技術をもつデータ復旧業者は、日本でも数社です。また、データ復旧業者専用ラボとしても活用頂いており、その信頼性の高さは専門業者も含むお客様自身によって評価されています。

データ復旧サービスを提供するいくつかの業者は、海外との技術提携をしており、国内で完結できない障害の場合は海外へ転送してデータ復旧作業を実施するケースもあります。その場合のコストもお客様自身にご負担いただくケースが殆どかと思われます。
ご安心下さい。弊社であれば自社工場で完結することで、そのような無駄なコストをカットしてご納得頂ける価格でご提供しています。同時にスピード復旧もご提供しております。


ロジテック自社工場完結 運送業者との調整、専用通信網を設置した上で、着荷・発送の物品の引渡しは、全て人から人への手渡しで行っております。
返却時には、セーフティサービスにより輸送経路や日時、各支店の業者担当者やドライバー等の情報を記録し残しています。(※これらの情報は一般公開はできません)
輸送中のセキュリティにも気を配ることで、申し込み易い体制を整えています。

安全輸送をご希望であれば以下の付加サービスもお勧め!

データ復旧 集荷サービス データ復旧 データガード

私たちは、上場企業のグループ会社です。

ロジテックは関東電子グループの商品研究所(現丸紅インフォテック)として誕生。設立後、パソコンの黎明期から周辺機器の開発を手がけ、Windows3.1出荷開始の年には「PC周辺機器の国内トップシェア」になる等、数々の実績を残しました。

2004年には、エレコムグループに参画することでマーケティング体制、営業体制を大幅に強化しました。過去より培ってきた開発力と技術力を融合させ、「総合デジタルブランド」として、新しいステージに突入しました。
創業以来の主力製品である「ストレージ」を中心にネットワーク機器、AVデジタル機器など、PCユーザーのみならず、様々な人々のライフスタイルをサポートをするブランドとして、各方面より高い評価をいただいています。

このロジテックの修理部門・開発部門から抜擢された技術者集団が「データ復旧技術センター」です。周辺機器メーカーによる本格的な「データ復旧サービス」は、ロジテックが業界で初めてとなります。


エレコムグループは、パソコン・周辺機器の総合メーカーです。

各お取引条件をご用意しています。

官公庁のお客様、法人のお客様、教育機関のお客様など、お申込み前の機密保持誓約書発行、お客様でご用意して頂ける専用書式での契約、お支払い条件など、ご要望に応じた対応が可能です。

データ復旧サービスのご利用の際、お気軽に相談して下さい。


官公庁のお客様、法人のお客様、教育機関のお客様など、お申込み前の機密保持誓約書発行、お客様でご用意して頂ける専用書式での契約、お支払い条件など、ご要望に応じた対応が可能です。

<具体的な対応例>
・秘密保持誓約書の締結
・業務委託契約書の締結
・お客様の支払条件に合わせたお取引  
 ※弊社管理部門にて確認の上、確定した支払条件をお知らせいたします
・お客様の指定書式でのお取引(見積書、請求書など)

データ復旧サービスのご利用の際、法人・官公庁のお客様の取引において、必要なお手続きがございましたらお気軽にご相談ください。

ロジテックは3つの無料でもお客様に選ばれています!

NAS/RAID製品/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜)/1媒体」がかかります。

パソコン/外付けHD/メモリ/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜/1媒体」がかかります。

全ての媒体がデータ復旧できない場合/復旧費用「無料」

※復旧不可能な場合、調査費用及びデータ復旧費用はかかりません。復旧に成功した場合のみ費用をお支払いただく成功報酬型のサービスです。


ロジテック株式会社 データ復旧技術センター 【媒体送付先】〒396-0111 長野県伊那市美篶8268番地1000 ロジテック7番窓口 データ復旧もやっぱりロジテック TEL: 0800-888-6409  通話/相談無料 受付9:00〜24:00 FAX:0265-74-1402
Warning! 障害の起きた機器は通電しないで下さい!データ破損が進行して復旧できなくなります。お問い合わせ 安心の無料調査を依頼する

データ復旧技術センターの「法人のお客様」ページをご覧の皆様へ:

データ復旧のデータ復旧技術センターは、パソコンやHDD/ハードディスクなどの周辺機器メーカーロジテック直営 のデータの復旧サービス・データの消去サービスの専門施設です。 ISMS(情報セキュリティ国際規格)を取得しているので、データの取り扱いには高い意識と管理体制で運用されています。 HDD/ハードディスクなどか ら消えたデータを元通り復旧することができます。データの復旧ができなかった場合はデータ復旧作業にかかる費用は頂きません。まずはHDD/ハードディスクの中の大切なデータがなくなった!などのお問合せをいただければ、1982年創業以来の経験と実績をもって最善のデータ復旧を実現させていただきます。

スマートフォン表示に切り替え