データ復旧技術センターTOP > 失敗しないデータ復旧のためには?

失敗しないデータ復旧のためには?

データ復旧はワンチャンス!あなたは悪徳業者も含めたたくさんの業者の中から失敗しない最良の選択が必要です!

ロジテックは、30年以上の歴史あるパソコン・周辺機器メーカーです。

私たちロジテックのデータ復旧技術センターは、その他のデータ復旧サービスなどを利用して、価格的に断念したもの、復旧不可であった案件の再調査、同業者からの協力依頼も少なくありません。わずかな「可能性」を求めてご依頼を頂くお客様がたくさんいらっしゃいます。

高額なサービスと聞くけど?

ロジテックは、お客様側の視点を大切にサービスを提供しています!

初期調査費用無料   過去の復旧価格帯別の棒グラフ

上のグラフは、過去の復旧価格帯別の棒グラフです!
データの破損状態によっては意外と安く済む事も多いんです。調査の結果、障害が無ければ、更に低価格で対応しています。

データ復旧が不可なら無料  

つまり、お客様の金額リスクは、限りなく少ない…と言う事になります。

トラブル発生!「困ったときにやってはいけない7カ条」

予期せぬデータトラブル!お客様の焦らず冷静な判断が、データ復旧の可能性を 高めます!!
誤った対処法により、障害の悪化を防ぐことが重大切です。

通電を継続する/再起動を繰り返す

データ復旧ソフトやディスクユーティリティの使用を続けることで障害が進行するリスクがあります。トラブルを抱えたパソコンで通電や操作を繰り返すことはリスクを伴います。また、再起動を繰り返すと、障害が悪化する場合があります。障害内容・対処方法が明確でない限り、電源を切って、専門スタッフにご相談下さい。 (再起動後CHECK DISK実行画面が表示されたら、キーボードの「Esc」ボタンを押してキャンセルをして下さい。その後、シャットダウンをして現状維持で専門スタッフにご相談下さい。)

エラーイメージ

データ復旧ソフトで長時間実行

軽度の論理障害は、復旧ソフトでデータを救出できる場合があります。しかし、実は復旧ソフトでは対応できない障害が潜伏していた場合、復旧ソフトを作動させたまま長時間放置する間にかかる負荷で、障害が進行する場合があります。復旧ソフトを使用する場合は、慎重を期して対応しなければなりません。データ復旧はワンチャンスとも言われておりますので、まずは専門スタッフにご相談下さい。

エラーイメージ

データ復旧ソフト/ディスクユーティリティを復旧したいHDDにインストールする

データ復旧ソフトのインストールは健全な状態で行ってください。トラブルが起きているドライブにインストール作業をさせるのは、大切なデータを上書きしてしまうなど非常に危険です(上書きされたデータの復旧はできません)。復旧ソフトを使用する場合は、別の正常に動作するパソコンにインストールをし、トラブルが起きているドライブを正常のパソコンに接続して使用して下さい。
データ復旧ソフトで解決できない障害も対応していますので、専門スタッフにご相談下さい。

エラーイメージ

OSのリカバリを実行しない

一般的にパソコンに付属するメディアやユーティリティ等でリカバリを実行すると、メーカー出荷時点の初期状態に戻ります。設定や購入後に入れたデータはすべて消去されてしまいますので、救出したいデータがある場合は、リカバリせずに専門スタッフにご相談ください。万が一、リカバリ後や、リカバリ後に別のOSをインストールしてしまった場合でも、操作直後の現状維持でご依頼頂ければ、データ復旧の可能性はあります。

エラーイメージ

類似するハードディスクの基板を交換してみる

基盤には複数のタイプがあり、似ていてもそのまま使えるケースはまれです。類似しているもので安易に取り替えると、ドライブを構成するパーツの不整合からかえって障害が悪化することがあります。万が一、交換して電源を入れてしまった場合は、ご依頼される時には交換前の元の基板を添付して当社までご依頼下さい。

エラーイメージ

振動/衝撃を与える

歪みなどで接触が悪いと不具合がおきますが、衝撃を与えて直ることは決してありません。磁気ヘッドとプラッタは煙の粒子も通さないほどの近い距離で動作しているので、振動や衝撃によって、互いに傷を与えてしまいます。簡易的な障害も、困難な物理障害に変わってしまうので、絶対に行わないようにして下さい。

エラーイメージ

濡れた場合に乾かす/電源を入れる

精密機器は水に弱いという意識は強いと思いますが、飲料をこぼしたり水没したりした場合、乾かしたり、電源を入れることはNGです。デリケートな基盤を乾いた布で拭いたりすれば、傷や歪みができます。触らずに乾燥させたとしても、液体に含まれる成分が固く付着し、かえって復旧が困難になります。濡れた状態を保つよう、濡れタオルに包むなどして、一刻も早く専門スタッフにご相談ください。

エラーイメージ

実際にご利用されたお客様の声です。

データ復旧作業ご苦労様でした。お陰様にて納品されました。大切なデータなので、助かりました。今後はバックアップをこまめにしないといけないと考えさせられました。本当に有難うございました。

お世話になりました。一時は真っ青になりましたがおかげさまで安心いたしました。有難うございました。

HDDの故障でなくて、ホッとしております。明日の到着を待ちます。ありがとうございました。

本日はお忙しいところ、誠に有難うございました。わらをもすがる思いのところ、仏様にお会いした気持ちです。調査も、急いでいただき、細かく報告までいただきまして本当に有難うございます。御社製品でよかった。そう心より感じております。往路帰路ともお気遣いのお言葉まで頂戴しまして、本当に有難うございました。お返事が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ハードデスク本体届きました。接続し、無事マウントされました。ありがとうございました。助かりました。

この度は、誠意ある御対応誠にありがとうございました!本日午後、無事到着致しました。変な所に出さぬ様、慎重に検討したいと思います。御案内の通り丁寧な保管に心掛け将来的にはデータ取り出しが出来るよう気を付けたいと思います。失礼致します。

お世話になりました。締め切りの迫った原稿だったので残念ですが、あきらめがつきました。いろいろと試みてくださり、ありがとうございます。はじめて、利用させていただきましたが、このようなサービスがあることを知り、心強いです。次回、誤って削除したときは、自分でいろいろ試みずに御社に送ることにします。

ロジテックは3つの無料でもお客様に選ばれています!

NAS/RAID製品/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜)/1媒体」がかかります。

パソコン/外付けHD/メモリ/調査費用「無料」

※調査報告書・見積書・復旧可能なデータリストのご提出まで「無料」です。

※災害により被災を受けた障害媒体のみ、調査費用として「20,000円(税抜/1媒体」がかかります。

全ての媒体がデータ復旧できない場合/復旧費用「無料」

※復旧不可能な場合、調査費用及びデータ復旧費用はかかりません。復旧に成功した場合のみ費用をお支払いただく成功報酬型のサービスです。


ロジテック株式会社 データ復旧技術センター 【媒体送付先】〒396-0111 長野県伊那市美篶8268番地1000 ロジテック7番窓口 データ復旧もやっぱりロジテック TEL: 0800-888-6409  通話/相談無料 受付9:00〜24:00 FAX:0265-74-1402
Warning! 障害の起きた機器は通電しないで下さい!データ破損が進行して復旧できなくなります。お問い合わせ 安心の無料調査を依頼する

データ復旧技術センターの「失敗しないデータ復旧のためには?」ページをご覧の皆様へ:

データ復旧のデータ復旧技術センターは、パソコンやHDD/ハードディスクなどの周辺機器メーカーロジテック直営 のデータの復旧サービス・データの消去サービスの専門施設です。 ISMS(情報セキュリティ国際規格)を取得しているので、データの取り扱いには高い意識と管理体制で運用されています。 HDD/ハードディスクなどか ら消えたデータを元通り復旧することができます。データの復旧ができなかった場合はデータ復旧作業にかかる費用は頂きません。まずはHDD/ハードディスクの中の大切なデータがなくなった!などのお問合せをいただければ、1982年創業以来の経験と実績をもって最善のデータ復旧を実現させていただきます。

スマートフォン表示に切り替え